赤生津・安部氏の出自を尋ねて

衣川安倍氏から葛西家臣、没落後の帰農、そして伊達家臣へ再起を果した赤萩・赤生津安部一族を追っています

赤生津(奥州市前沢生母)畑屋敷安部

畑屋敷墓碑から浮かび上がる赤生津安部祖

安部家旧墓地には約40から50基の墓と五輪塔が2基あります。初代十郎左衛門(推定1838卒)から16代幸蔵氏(昭和18年3月5日卒)までの先祖の霊が眠っております。 五輪塔の詳しい言い伝えはありませんが、武士であった初代、キリシタンを弔ったものではないか…

金鉱山を経営した安部小次郎系「阿部随波」もまた切支丹か

一関市山目の龍澤寺に眠る事業家の阿部随波の墓碑であります。 卍は、切支丹改宗者に記される墓字といいます。 「伊達世臣家譜」に、安部小次郎重綱の孫讃岐が伊達家に仕え、讃岐の孫が小平治重貞とあります。小平治が即ち伊達家に一万五千両を献金した富豪…

赤生津安部本家の守り神

系図では、初代十良左衛門義澄は、白鳥舘居住から浪人(士官していない武士)となり赤生津村に移り(1回目)、田畑を耕し農民になると伝えられます。2代義則は、浪人で北畑屋敷移り(2回目)、3代義則も浪人。4代将監で現在の畑屋敷に移り(3回目)、百姓…

赤生津安部の家譜書き写し

赤生津安部17代夘助氏が昭和45年に亡くたった時、県外在住の子が書き写した家譜と思われるもの。兄弟によって若干の考察が書き加えられている。初代十良左衛門の史ではなく、先祖の由緒と推察する。この系図には、葛西氏家臣家譜の一関赤萩の安部小次郎のい…

1590奥州仕置とキリシタン弾圧による断絶危機を乗り越えた赤生津安部

衣川安倍氏の後裔と伝えられる、奥州市前沢の生母赤生津安部の祖は、1590奥州仕置による家系断絶の危機と、1640年のキリシタン弾圧による断絶危機を逃れ、密かに生き延びてきたと伝えられる。 残された史料は、「家譜が切り取られた19代の系図」と、戦後、突…