赤生津・安部氏の出自を尋ねて

衣川安倍氏から葛西家臣、没落後の帰農、そして伊達家臣へ再起を果した赤萩・赤生津安部一族を追っています

佐沼城の住居人

 

 

【仙台領内古城・館2巻・324】

文治(1185-)年中 藤原秀衡家臣 照井太郎直高 住居仕り

文明(1469)頃  佐沼右衛門佐平の直信 住居仕り

天文(1532)年中 大崎御家臣 石川四郎右衛門直村法山入道 その子豊後義誠 その子丹後義広 その子彦九郎 まで4代住居仕り

葛西家滅亡ののち大崎葛西の地12郡を、木村伊勢守吉清へ下され候。吉清こと、不正に候につき、大崎葛西の旧臣一揆を相起し候故、大閣より仰付られし貞山様が御攻めなされ、天正19年7月3日に落城仕り候。

 

萩荘系図に「佐沼城主安倍外記之介」。登米市の佐沼城臣?ルーツはどうなるか?

【研究紀要30集 赤萩・萩荘系譜の一考察・63】

萩荘系譜

●16代 正綱

 妻 弓子

  女 鶴子 佐沼城主安倍外記之介の妻。天正18年葛西氏滅亡の際浪人生家に帰る。文禄3年甲午6月5日没す。註 下袋阿部氏の祖。

18代 正久 赤萩姓 覚波館主 天正18年8月 佐沼城で討死 (…外記之介の甥?)

 

【研究紀要40集 阿部外記之介論考・24】

「安部外記之介」は萩荘の女婿で「佐沼城主」となっている。この城主についても、他史料には「佐沼城臣安部外記」(T氏)とあるという。郷土史上「佐沼臣」が正しいと思われる。その理由は、佐沼城は葛西氏勢力の結集の場で、合戦記録が詳しく記されている。・・・安部外記之介の名が見えない。・・・

萩荘家の面目にあるのではないか。・・・疑問は残る。

 

【当調査】

佐沼城は「照井太郎」の居城である。萩荘と照井は共同で照井堰を開削した。この関係から応戦したのか?

佐沼城主であるのであれば「佐沼左ェ門佐」か?

【葛西没落 佐沼城主の伝承・136】

別伝によれば、永正5年(1508)、佐沼大蔵大輔直兼に嗣子がないので、晴重三男の正信を養い、佐沼ェ門佐と称したことが伝えられている。とすれば時代的に高家とは直兼で、佐沼氏とは直信のこととも考えられてくる。・・・直信はのちに佐沼を追われ、天文22年(1553)に55才で没したといわれているが、妻の佐沼御前が別れを嘆いて入水した場所という御前巻には無記年の板碑が建っている。・・・

 

 

 

「白鳥村照井ノ舘」に居た「照井太郎」年譜

【「幾星霜(照井土地改良区)・473】

1156年 岩出山町西大崎に照井太郎「照井城」を築造

1158年 照井太郎高春水路開削を企画

1174年 秀衡公家臣・照井太郎高春照井堰水路開削計画

1185年 照井太郎高直 佐沼城築城、照井太郎高春用水路開削

1187年 照井堰の基礎が出来る

1189年 泰衡義経を襲う、照井太郎参戦

1189年 泰衡の将照井太郎高直、阿津樫山の戦いに参戦、柴田郡韮神山にて討死高春・高泰両名文治の役の難を避け五串村骨寺に居住、後葛西氏に仕え田野開拓に励み豪族となる

1189年 照井太郎忠基 泰衡に従い二井柵に逃れ、泰衡落命後秋田県北に住む(後裔が高春と)

1195年 照井太郎高春照井堰大江堰開削

1208年 高泰・萩荘荘司と共に磐井川両岸に穴堰開削し、山目境まで掘削

1221年 照井三郎照井堰試堀のため伊澤穴山用水堰開削

1225年~ 藤原家臣照井氏穴山用水堰開削

【不明】 

1308年 照井太郎供養碑(宮城県桃生郡赤生村)徳治3年の刻字

【不明】

1481年 照井忠基後裔、照井太郎隆春 隆定 親子祖先旧領(白鳥照井館)訪ね中里前堀にて前堀にて行き倒れ、隆定平泉千手院へ引き取られる、後、父の墓碑建立

 1492年 照井太郎胆沢穴山用水堰小松入り口開削

1493年 照井太郎、照井堰開削と前後して、胆沢馬留穴堰掘削

1493年 高安、萩荘荘司と相諮り私費にて磐井川両岸に穴堰を通し、山目、一関方面へ導水、右岸を南照井、左岸を北照井堰、後右岸は大江堀、左岸南照井堰

【以後、照井氏の名は地方史にない】

 1652年 大崎掃部左衛門(大肝入)水路堀更 ※大崎掃部左衛門は宮城県大崎城主末裔

 

 

 

萩荘家の由来「藤原泰衡の子良衡」。照井高泰と荘園内の水利を興す

【照井土地改良区小誌・13】

萩荘荘司について 

萩荘家の先祖は藤原泰衡の子良衡であります。

平泉藤原氏が文治5年(1190)源頼朝の大軍に攻められたとき、秀衡の子万寿丸(2歳)は祖母徳子(秀衡の妻)母頼子と共に僧助光坊の計らいに依り須川嶽を超え鎧谷頼重の案内にて出羽國雄勝郡男安郷に逃れ住み、佐藤次郎裕道のもとに世話を受けて成長されました。

文治6年(1191)3月羽黒山大権現別当兼大泉庄司武藤次郎右衛門氏の世話を得て後羽黒山にて修業母徳子は佛尼となり酒田郷に住され後一寺を建立し泉流寺と稱す。

母頼子も又仏門に入り眞光尼と稱す。

時に万寿丸名を改め佐藤良衡と稱す。

正治2年8月(1200)登米郡寺池城主葛西三郎清重公羽黒山御参詣の折、佐藤良衡(12,3才のとき)葛西公に拝謁し従士を仰付られ寺池城に奉公し、主公に忠誠を盡し、清重公その忠実を愛され名を改め良親と賜り清重公の養女兼子(金為泰の娘)を妻に娶る。

承元2年2月(1208)葛西公のお計らいに依り当宮田舘に移住され中尊寺御領萩ノ荘荘司を拝命す、又磐井郡鎮守總社日高見の山始輪日大神別当に補せられる。

これが荻ノ荘家の家号の始となる。

以来今日まで770余年間、佐藤氏を名乗る時代あり又赤萩氏を名乗り次に阿部氏を名乗る時代があったが明治維新に至り萩荘を姓を改め当主司太郎まで36代に至りました。

その間荘司から別当、庄屋、肝入後、戸長職をつとめ、近世に至り現在は宗教法人日太上太子境界を設立し太子堂を建立して春秋2回例祭を執り行っています。

萩荘

 初代 良親(泰衡の二男)

 承元2(1208)年萩荘荘司を拝命 

 照井太郎の子高泰を計り荘園内の水利の便を興す。

 文永元甲子年3月27日没す 78才

 戒名 浄光金蓮禅定門

 

萩荘家と照井家は2度(1208年・1493年)共同して照井堰を開削

【幾星霜 照井土地改良区 474】

〇1208年(承元2) 照井高泰萩荘荘司と共に磐井川両岸に穴堰開鑿し、山目境まで掘鑿

〇1493年(明応2) 照井高安(高直?)萩荘荘司と相謀り私費にて磐井川両岸に穴堰を通し、山目、一関方面へ導水、右岸を南照井堰、左岸を北照井堰、後右岸は大江堰、左岸南照井堰

【幾星霜 照井土地改良区 108】

1493年(明応2年) 照井太郎高直(一作高春)

藤原秀衡 照井太郎高直(一作高春) 登米郡佐沼城に居り藤原氏征伐に難を避け五串村骨寺に居住し其後葛西氏に仕ひ田野開拓の事を擔住せしめられ豪族となり

明應2年(1493)當時の照井太郎計畫して五串村両岸に磐井川寄り穴堰を開き南猪岡邑水源より三黒沢一二三の關迄灌漑する南照井堰を称し北五串村水源より五串赤萩山目中里に漑ぐものを北照井堰と称す…略

 

【研究紀要30集 赤萩萩荘系譜の一考察・54】

二代 正衡 良秀ともいう

平泉鎮守府時代秀衡朝臣 照井太郎奉行として磐井川を〆切り五串郷より上水して荘園を開発せられしにその工事未だ終わらざるに平泉城滅亡せし為中止せるを父良親は照井太郎の子高泰と計り共に荘園内水利の便を興せし故父の意思を継ぎ荘園壱十萬刈りを開発す。又庄司墓の下流庄司沢に池を築き苗代田を開発して農耕の便を興せり。

白鳥村照井之舘にいた「照井太郎高春」の照井堰とは

【幾星霜 照井土地改良区・98】

 

f:id:zyuurouzaemon:20210723193022j:plain

 

【いわての農業にまつわる物語「照井堰と弁慶」・岩手県農林水産部】 

  

f:id:zyuurouzaemon:20210723154834j:plain

 

f:id:zyuurouzaemon:20210723154721j:plain

f:id:zyuurouzaemon:20210723154734j:plain

f:id:zyuurouzaemon:20210723154751j:plain

f:id:zyuurouzaemon:20210723154804j:plain

 

 

新たな仮説「1481年の 照井太郎隆定(又は子)が安倍外記之介」?

 

【当調査】

1158年、赤萩・萩荘系図に「佐沼城(登米郡)城主 安倍外記之介」。照井高直(照井子孫)は佐沼城に居住で征伐の難を避け照井堰を開削に来た。1300年代は消息不明。

 1481年、照井忠基の後裔が平泉に戻る。1493年には萩荘と共に開削。その後の消息は知られていない。

萩荘家は、照井氏とともに照井堰を開削した。

萩荘家の系図には安倍外記之介が「佐沼城主」とある。

登米郡の佐沼城は、照井高春の子孫「照井太郎高直」が1185年築城したものである。

佐沼城主の名には、安倍外記之介はない。が、照井氏から安倍(外記之介)に改姓したのではないか。1500年代から照井氏の子孫の行方は地方史にない。

ということから、照井高泰かその子が安倍外記之介ではないかという新たな説とするものである。 

 なお、安部外記之介(1590没)の出自は不明である。宮田城主という説は、赤萩・萩荘家の嫁婿であることから誤りとした。

 

岩手県南史談会研究紀要30集・63】

一関赤萩・萩荘系譜の一考察(千田一司)

萩荘家16代 正綱の子

女 鶴子 佐沼城主 安倍外記之介の妻。天正18年葛西氏滅亡の際浪人生家に帰る。文禄3年甲午6月5日没す。(下袋阿部氏の祖)

f:id:zyuurouzaemon:20210723153322j:plain

 

【「幾星霜(照井土地改良区)・108・岩手業書 磐井第2巻「北照井堰】

1493年(明応2年) 照井太郎高直(一作高春)

藤原秀衡 照井太郎高直(一作高春) 登米郡佐沼城に居り藤原氏征伐に難を避け五串村骨寺に居住し其後葛西氏に仕ひ田野開拓の事を擔住せしめられ豪族となり明應2年當時の照井太郎計畫して五串村両岸に磐井川寄り穴堰を開き南猪岡邑水源より三黒沢一二三の關迄灌漑する南照井堰を称し北五串村水源より五串赤萩山目中里に漑ぐものを北照井堰と称す…略

 f:id:zyuurouzaemon:20210723153658j:plain

 

 

【佐沼城】http://joukan.sakura.ne.jp/joukan/miyagi/sanuma/sanuma.html
宮城県登米市迫町佐沼字内町

創築者  照井太郎高直か

主要城主 葛西・大崎・石川・木村・津田・亘理各氏

築城年  文治年間(1185~90)か

沿革
佐沼城は、かつて城の鎮護を願って鹿を生き埋めしたことから「鹿ヶ城」とも呼ばれる。
創建に関しては、文治年間(1185~90)に藤原秀衡の家臣である照井太郎高直が居城としていたと伝わるが、照井太郎の伝承は周辺各地に伝わっているため定かではない。南北朝時代には、北畠顕家が戦死した暦応元年(延元3・1338)頃、葛西氏が寺池城と共に佐沼城を拠点にしたものと思われる。

-葛西氏と大崎氏の狭間-
室町時代の半ば頃になると佐沼城は大崎氏によって支配され、天文年間(1532~55)には大崎氏の家臣である石川氏の居城となっていた。しかし永禄年間(1558~69)の頃には再び葛西氏の支配下に置かれており、史料によって記述は異なるが、葛西・大崎の両氏によって出入が激しかったと推察される。
天正18年(1590)、豊臣秀吉の奥羽仕置によって葛西氏・大崎氏はその所領を没収され、両氏の旧領には木村伊勢守吉清が置かれた。
しかし葛西氏17代晴信はこの仕置に対し抵抗し、検地のために下向して来た木村吉清・蒲生氏郷らの軍勢に対し戦いを仕向けた。葛西勢は和淵・高清水・寺池などの各地において戦火を交えたが敢え無く敗れ、晴信は佐沼城で自害して果てた。(しかし史料によっては晴信はこの後も生存していたとする説もある)

-伊達氏の支配下へ-
その後、あらためて葛西・大崎氏らの旧領を支配した木村吉清であるが、これに反する葛西・大崎氏の旧臣らは天正18年(1590)10月に蜂起した。この一揆は気仙・岩手沢を皮切に次第に領内に拡がり、これを抑え切れなかった結果、木村吉清父子は佐沼城に籠城することになった。
一揆の拡大に対し、浅野長政蒲生氏郷伊達政宗らに一揆鎮圧を命じた。政宗は12月24日、佐沼城に出陣し、一揆勢を蹴散らして木村父子を救出した。この功によって政宗は米沢の替わりに葛西・大崎氏の旧領を与えられた。翌天文19年(1591)6月、政宗は再び拡がっていた一揆勢の鎮圧に乗り出し、未だ一揆勢が普請していた佐沼城を再び攻略、徹底的な掃討の結果、7月には佐沼城は落城した。