赤生津・安部氏の出自を尋ねて

衣川安倍頼時の七男「比与鳥七郎」から「葛西氏没落後に白鳥村舘から赤生津に移住した安倍肥前」までを探求しています

葛西晴信感状の偽文書に関する調査メモ

 

 

天正16年 浜田の乱に参戦した葛西家臣の軍功に対する恩賞は

 

奥州市の参戦した家臣は7名いる。うち5名は感状(偽文書といわれる)がある。2名は感状はないが、系図に浜田参戦とある。加増された土地に住んでいる家臣もある。

 

それぞれの由緒から参戦は事実である。

史実から感状の発行日は、土地の加増された日ではなく、軍功のあった日である。

加増は、軍功のあった日ではなく、感状発行日より後に与えられた。

加増された土地に移住している例もあることから、その加増は、本人の希望を聞き入れている。

浜田の乱を抑えた天正16年は、信じられないほど多くの晴信感状が発行されている。土地の発給の調整に相当の時間を要すると考えられる。

2年後の天正18年葛西氏は没落。葛西晴信は改易される。この2年間で、23件分の要望を聞き入れ、飛び地である何千町という土地を調整して給付できたであろうか。しかも、天正18年の奥州仕置きを受けようとしているこの時期に。奥州仕置き後は、全ての領地が没収されている。

奥州仕置き前の土地の給与は間に合わなかったのではないか。

 

奥州仕置き後

葛西晴信は、もはや存在しない。元家臣から約束の恩給を求める声というより、領地没収にあい、浪人となり、次の移住先の土地を確保してほしい声があったのではないか。落ち延びたその移住先を、恩給としてほしい声があったのではないか。

元家臣は、再起を願っている。やがて、その地域の有力者となる人物である。その者に藩の有力者が配慮して、後年に、葛西晴信感状による土地給付を認めたのではないか。その発給日は、葛西没落前の軍功のあった日に遡り。

奥州仕置きにより、葛西氏の発給文書は全て失う。葛西晴信黒印もである。よって、新たに黒印を複製したのではないか。

黒印は偽物であるかもしれないが、軍功は事実を記載し、土地は移住先などを記載したのではないか。

単に、葛西晴信黒印状を名誉や権威をほしいがために、偽書を作成したとすれば、その嘘は、この400年のうちに見抜かれ、そのコミュニティには存在できないのではないか。

葛西晴信が改易される2年前に、軍功をあげた多くの家臣は、葛西没落後浪人となり、領地没収となる。せめて移住先の確保と、再起をはたすために、葛西晴信の黒印状を必要としたのではないか。

これは不正ではない。多くの浪人が、新たな藩体制のもで、再起できるように、配慮したものである。

 

問題は誰が、何の意図で感状を交付したかである。

民間の営利を目的とした者であるか。感状を要望により作成し、商売としたのであるか。それは、土地の所有権を示す、あるいは拡大することを望みとするものであろうか。いや、没収された土地をそんなに、自由にできるはずはない。秀吉の検地がある。

コミュニティに示す嘘のプライドのためにお金を払う者は、有力者として長続きしない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陸奥話記1062年12月17日。安倍則任は、出家して帰降。”白鳥八郎(比与鳥七郎)は生きて白鳥舘に住したか”

 

 

20 義家の武勇

同年12月17日の国解に次のような記録がある。
「斬り殺した賊軍の者は、安倍貞任、同重任、藤原経清、散位平孝忠、藤原重久、散位物部維正、藤原経光、同正綱、同正元、帰降客安倍宗任、弟家任、則任(出家して帰降)散位為元、金為行、同則行、同経永、藤原業近、同頼久、同遠久らである。この外に貞任の家族に遺族などはいない。ただし正任一人はいまだに投降していない」


僧である良昭は、すでに陸奥国から出羽国に行って、国守源齊頼に捕縛されている。正任は、当初出羽国清原光頼の嫡子で、字を大鳥山太郎賴遠という者のところに隠れていたが、後に宗任の投降した話を聞きて、自ら出てきて逮捕されたとのことである。

 

陸奥話記1062年9月17日。厨川の柵が落ちる時、則任の妻、幼子を抱きながら、自ら深い崖に身を投じる

 

 

城中の中にひとりの美女がいた。この人は則任の妻であるが、厨川の柵が落ちる時、三歳になる息子を抱き、ひとり夫の則任に叫んで言った。
「わが君よ。今あなた様はまさに死を目の前にしておられます。この先、私ひとりで生きていくことはできません。あなた様より先に死のうと思います」
そして幼子を抱きながら、自ら深い崖に身を投じて死んでしまった。まさに節操のある気性の激しき女性(烈婦)というべきである。その後、日を置かず、貞任の伯父安倍為元(字は赤村の介)と弟の家任が自首してきた。さらに数日後、宗任ら9人も官軍に投降してきたのであった。

 

陸奥話記 現代語訳 (rim.or.jp)

陸奥話記1062年9月17日。貞任の最後、千世童子も

19 貞任の最後

貞任は、剣を抜き、官軍を斬った。官軍は、鉾をもって貞任刺して捕らえた。貞任は六人が担ぐ大楯(おおだて)に載せられ、これを将軍の前に召し出された。貞任は身長は180cmを有に越えて、腰回りは2m20cm(七尺四寸)ばかり。容貌は人並み外れて大きく立派であった。その肌は、肥満して白い。将軍は貞任の罪を責めたが、(重傷を負っていた)貞任は頼義を一目にて死んだ。弟重任も斬れた。(この者字は北浦六郎言った)しかし宗任は、厨川の柵より、自ら深い泥の中に身を投じて逃亡してしまった。貞任の息子は、年齢13歳で、名を千世童子と言った。その容貌は、整っていて美しく、甲冑を着けて、柵外に出て、まことによく戦った。その戦場での姿は、父貞任や祖父頼時の跡目を継ぐ者の風情があった。将軍はこれを哀れに思い、罪を赦そうと思った。

ところが清原武則が次のように進言をした。
「将軍、小さな義の裏に、大きな害があることを忘れてはなりません」

将軍は、この言葉にうなずいて千世童子を斬らせた。この時、貞任は享年34歳だった。城中の美女数十人は、みな絹の羅(うすもの)を着て、金や翠(ひすい)を身に付けていたが、落城の際には、煙に巻かれ、悲しのあまり泣きながら、柵外に引き出された。将軍は、ひとりひとり(功労のあった)武者に賜った。

陸奥話記1062年9月17日。頼義は、厨川柵(盛岡市)を焼き、経清の首級を斬る

18 頼義、経清の首級を斬る

17日、午後二時(未)頃、将軍は将兵に次のように命じた。
「各自、近くの村落に行って、家屋を壊して、ここに運び込め。そしてこの城の溝を埋めるのだ。また別の者は、それぞれ萱(かや)を苅ってきて、これを河岸に敷き詰めるのだ。」。

この命令により、短い間に壊した家屋の木材や刈り取った萱が山のように積まれた。将軍は馬を下りて、京の都を遙拝して誓いの言葉を述べた。
「昔、漢王の徳が衰えない頃、校尉将軍の忠節に感応し枯れていた泉が、たちまち溢れて窮状を助けたと申します。今、わが朝において天皇の威厳は新たかです。この威光により大風が起こり、私の忠節をお助けください。伏してお願い申し上げます。八幡宮の三神よ、どうか風を吹かせ、火を起こして、あの厨川の柵を焼いてください」と。

すると将軍は、自ら火を取り、「これは神火である」と言ってこれを柵の中に投じた。この瞬間、鳩が飛んで来て、官軍の陣の上空を翔け廻った。将軍はこれを奇瑞と感じて手を合わせ二度拝んだ。

すると、暴風がたちまち起きて、炎と煙が風に煽られて柵の中に飛ぶように流れ込んでいった。これより先には、官軍が射る矢のほとんどは柵の板や櫓に刺さって、まるで蓑毛(みののけ=みので編んだ雨具)ような有様で効果がなかったのだが・・・。今は、炎が飛炎となって風になびき蓑毛のようになっていた矢羽に火を付け、柵板や櫓や屋舎にまで火が移ってしまった。城中から男女数千人の悲鳴が聞こえた。貞任軍は、混乱して、ある者は、緑の川面に身を投げ、ある者は刀で首を刎ねて倒れた。これを見た官軍は、川面を渡って攻撃した。この時、貞任軍の決死隊数百人が、甲冑に刀を激しく振るって、官軍の囲みを突き破って現れた。元々死ぬ覚悟の者ども、これによって官軍に多くの死者がでた。武則は、将兵に命令した。
「わが方の囲みを開いて貞任軍を外に出せ」官軍の兵たちが、囲みを解き放つと、敵兵たちは、みな外に気を取られて、戦ずに逃走する状況となった。これによって官軍は、貞任軍を好きなように打ち倒して殺害した。

これによって、ついに藤原経清が、生虜(いけどり)にされた。将軍は目の前に引き出して言った。「お前は、わが源氏の先祖伝来の家来の分際でありながら、このところ、朝廷の威光を蔑(ないがし)ろにして、私という主君まで侮蔑してきた。これは親を殺すに等しい大罪であり、人の道を外した行為だ。どうだ。お前は、捕まった今でも、白符を発行して不正行為をできるのか。答えてみよ」と。

経清は首を伏したまま、これに応えずにいた。将軍はこれを深く恨み、刃のこぼれた鈍刀を持ってこさせて、経清の首をゆっくりゆっくり斬らせたのであった。これはすべて頼義が経清の痛苦をできるだけ延ばしたいと思い、そのようにさせたのである。