赤生津・安部氏の出自を尋ねて

衣川安倍氏から葛西家臣、没落後の帰農、そして伊達家臣へ再起を果した赤萩・赤生津安部一族を追っています

1855年(安政2)造立の畑屋敷の稲荷大明神

畑屋敷安部家の稲荷大明神の木札裏には、安政2年(1855)9月15日が読み取れる。明治に入る13年前のことで、13代安部専蔵のころである。年齢は戸籍生年による。

13代 安部専蔵 48歳
14代 安部幸治 31歳
15代 安部四郎兵衛  9歳

f:id:zyuurouzaemon:20210509131252j:plain

f:id:zyuurouzaemon:20210509131257j:plain